3ヶ月で劇的ヒップアップ!? / 女性専用パーソナルジムStudio B/G

【お客様ビフォーアフター!】

 

 

 

 

 


 

 

体重比は-5kgとても綺麗な美尻になられました☆

 

トレーニング頻度は週2~3回ほどです^^

 

 

 

Studio B/Gに来られる前は自転車での有酸素運動がメインで、自転車を漕いでたら脚が太くなってしまったそうです。

 

 

 

自転車は前ももを使い強度が高くなるとその分負荷がかかり太くもなりやすくなってしまいます、、

左側の写真でもスタートより1ヶ月で細くなった写真ですが、スタートして3ヶ月経過した右側を見ると一目瞭然ですね☆

 

 

 

皆様も夏に向けて美尻を作りたい方、是非一度ご相談くださいませ!

 

 

 

残り通い放題コース会員様募僅かです!

お早めのお問い合わせお待ちしております!

 

 

 

関内、桜木町、馬車道で「美尻を作りたい」「モテる身体を作りたい」方是非一度ご相談ください!
お問い合わせは公式ホームページまたは電話、公式LINEにて承っております。

 

 

 

《コース別募集人数》
”スタンダードコース、プレミアムコース残り会員1名様”
”ショートコース残り1名様”
募集中!!

 

 

女性専用パーソナルジムstudio B/G関内【パーソナルジム ビーアンドジー】
■神奈川県横浜市中区尾上町6-89 尾上町スカイビル303
■ブルーライン関内駅徒歩3分/JR関内駅徒歩5分/桜木町駅徒歩4分

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから!

「B – BODY」さんに紹介されました ♪

こんにちは、Studio B/Gです!

 

当ジムがパーソナルジムメディアを多く取り上げている「B – BODY」さんに紹介されました♪

 

 

 

 

横浜のパーソナルジムおすすめ21選!都度払い・通い放題ができるジムも紹介!

 

 

 

関内、桜木町、馬車道で「美尻を作りたい」「モテる身体を作りたい」方是非一度ご相談ください!

 

お問い合わせは公式ホームページまたは電話、公式LINEにて承っております。

 

 

《コース別募集人数》
”スタンダードコース、プレミアムコース残り会員2名様”
”ショートコース残り2名様”

募集中!!

 

 

 

パーソナルジムをお探しの方、ぜひ一度Studio B/Gにご来店ください!

 

 

 

なんとただいま、無料にてカウンセリング・体験トレーニングを行なっております。

 

 

 

 

 

ぜひこの機会にお問い合わせください!

ダイエットに有酸素運動は必要なのか? / 女性専用パーソナルジム Studio B/G

 

 

 

【ダイエットに有酸素運動は必要なのか?】

 

 

こんにちは、Studio B/Gです!

 

 

本日は皆さん一度は考えたことがある、「ウォーキング、ランニングをした方が痩せるのではないか?」について解説していきます!

 

多くの人がダイエットに取り組む際に、筋トレと有酸素運動のどちらがより効果的か疑問に思うことではないでしょうか?

 

 

まずは有酸素運動、筋トレはどのような効果があるか考えてみてみましょう。

 

 

 

 


有酸素運動

 

有酸素運動は心臓や肺の健康を維持し、脂肪燃焼を促進します。

 

 

特に、有酸素運動は持久力や体力を向上させるため、運動能力の向上にも役立ちます。また、有酸素運動はストレスを軽減し、精神的な健康を促進する効果もあります。

 

 

有酸素運動をすることで、脳の機能を刺激し、記憶力や認知機能を改善するとされています。

 

 

 

 


筋トレ

 

筋トレは、筋肉を増やし、基礎代謝を向上させます。

 

これにより、静止時でもより多くのカロリーを消費し、体脂肪の減少を促進し、代謝率を高め、体脂肪の燃焼を助けます。

 

 

また、筋トレをすることで、綺麗なボディラインを作ることができます。

 

 

有酸素運動で痩せる場合とはこの綺麗なボディラインが作れるかが大きな違いの一つですね。

 

 

筋トレをすることで基礎代謝が上がりリバウンドをしづらい身体を作ることも可能です。

 

 

 

 


筋トレ×食事

 

どれだけ有酸素運動や筋トレを毎日のようにやっていても、食事が疎かだと痩せることは難しいです。それは運動をしていても皆様が思っているより消費カロリーは少ないからです。

 

 

有酸素運動をした時の消費カロリーは以下の通りです。

 

 

 

 

 

この通り消費カロリーは1食分も消費されていないのです。さらに、運動後の食欲増加によって消費したカロリーが補給される傾向があるためです。

 

 

実際、ダイエット成功者の多くは、有酸素運動よりも食事制限や筋トレに焦点を当てています。

 

 

痩せるためには、適切な食事摂取も不可欠です。食事はエネルギーの摂取源であり、過剰なカロリー摂取は体重の増加につながります。ダイエット成功の鍵は、適切な栄養バランスを保ちながらカロリー摂取量を調整し、筋トレや有酸素運動と組み合わせることです。

 

 

食事制限はダイエット成功の重要な要素ですが、単独では効果が限定されることがあります。食事制限だけでは筋肉量が減少し、代謝が低下してしまう可能性があります。それに対して、筋トレは筋肉を保持しながら脂肪を減らす助けとなります。筋肉は静止時のエネルギー消費量を増やし、脂肪燃焼を促進します。さらに、筋トレによって筋肉が増えることで、体全体の代謝率が上がり、長期的なダイエットの成功に導きます。

 

 


 

以上のように、痩せるにはバランスの取れた食事を摂りながら筋トレをすることで効果的なダイエットが可能になります。

 

プラスアルファで有酸素運動を取り入れることで活動代謝を増やしダイエットのペースを上げることができます。

 

 

 

関内、桜木町、馬車道で「美尻を作りたい」「モテる身体を作りたい」方是非一度ご相談ください!

 

お問い合わせは公式ホームページまたは電話、公式LINEにて承っております。

 

 

《コース別募集人数》
”スタンダードコース、プレミアムコース残り会員2名様”
”ショートコース残り2名様”

募集中!!

 

 

パーソナルジムをお探しの方、ぜひ一度Studio B/Gにご来店ください!

 

 

 

なんとただいま、無料にてカウンセリング・体験トレーニングを行なっております。

 

 

 

 

 

ぜひこの機会にお問い合わせください!

花粉症を緩和させる食べ物 / Studio B/G

こんにちは!

 

Studio B/G代表の桝田です。

 

 

今回はお困りの方が多い “花粉症”  の人が食べた方がいい食べ物、栄養素について書いていきます。

 

日常生活のみならず、トレーニングにも花粉症は影響してくるため悩まれる方が多いのではないでしょうか。

 

花粉症対策でマスクをすると呼吸が上手にできず胸式呼吸にもなりやすく、胸式呼吸が続くと姿勢不良にもつながってしまいます。

 

鼻水やくしゃみ、目のかゆみなど、これらの症状を緩和するためには、食事に注意を払うことが重要です。

 

 

 


 

1.ビタミンC

 

 

まず、花粉症を抑える栄養素として注目されるのは、ビタミンCです。

 

ビタミンCは抗酸化作用があり、免疫機能を向上させる助けになります。柑橘類やいちご、キウイフルーツなどがビタミンCを豊富に含んでいます。これらの食品を積極的に摂取することで、花粉症の症状の緩和が期待できます。

 

 

 

 


2.オメガ-3脂肪酸

 

 

次に、オメガ-3脂肪酸も花粉症の緩和に効果的な栄養素です。

 

特に青魚(サケ、マグロ、サバなど)や亜麻仁油、チアシードなどに多く含まれています。

 

これらの食品を摂取することで、炎症を抑制し、アレルギー反応を和らげることが期待されます。

 

 

 


3.ビタミンE

 

 

また、ビタミンEも免疫機能をサポートし、花粉症の症状を軽減するのに役立ちます。

 

アーモンドやひまわりの種、ほうれん草などが良い摂取源となります。

 

 

 


・まとめ

 

花粉所の症状を和らげる、予防をするには、バランスの取れた食事が鍵となります。

 

 

新鮮な野菜や果物、良質なタンパク質源を含む食事を心掛け、栄養素を適切に摂取することで、免疫機能の調整が促進され、花粉症の影響を軽減することが期待できます♪

 

 

 

 

パーソナルジムをお探しの方、ぜひ一度Studio B/Gにご来店ください!

 

 

なんとただいま、無料にてカウンセリング・体験トレーニングを行なっております。

 

 

 

 

 

ぜひこの機会にお問い合わせください!

通い放題会員様募集残り3名様!/ Studio B/G

【会員様募集残り3名様!】

 

 

こんにちは!

 

Studio B/Gです♪

 

Studio B/Gでは現在新春キャンペーンを実施しております。

 

10名様限定となりますのでお早めのお問合せくださいませ♪

 

 

現在残り募集会員3名様となりました。

 

 

お早めのお問合せお待ちしております!

 

 

 

《コース別募集人数》

 

”スタンダードコース、プレミアムコース残り会員1名様”

”ショートコース残り2名様”

 

 

募集中!!

 

 

パーソナルジムをお探しの方、ぜひ一度Studio B/Gにご来店ください!

 

 

なんとただいま、無料にてカウンセリング・体験トレーニングを行なっております。

 

 

 

 

 

ぜひこの機会にお問い合わせください!

筋トレでアンチエイジング / 女性専用パーソナルジムStudio B/G

こんにちは!

 

本日は 「アンチエイジングの秘訣」 について書いていきます♪

 

 

 

 

 

アンチエイジングは、多くの人が永遠のテーマと考えています。年齢を重ねる中で、若々しさや健康を保つためには様々な方法がありますが、その中でも特に効果的なのが筋トレです。

 

 

筋トレは単なる筋肉を鍛えるだけでなく、全身の機能を向上させ、代謝を促進します。

 

 

このことがアンチエイジングにどのように貢献するか詳しく説明します!

 

 

まず第一に、筋トレは骨密度を増加させ、骨折のリスクを減少させます。

 

 

加齢とともに骨が弱くなる 傾向がありますが、筋肉の活動によって骨にかかる負担が増え、骨密度の低下を防ぐのです。

 

 

また、筋トレは基礎代謝を向上させ、脂肪を燃焼しやすくします。これにより、体脂肪を減少させ、メタボリックシンドロームや糖尿病などの生活習慣病の予防につながります。

 

 

さらに、筋トレは筋肉のバランスを整え、姿勢を改善します。

 

 

正しい姿勢は関節や腰への負担を軽減し、長寿につながる可能性があります。

 

 

心臓血管系にも好影響があります。定期的な筋トレは心臓のポンプ効率を向上させ、血流を改善します。

 

 

これにより、心臓病や高血圧のリスクが低減します。

 

 

最後に、筋トレは脳にもポジティブな効果をもたらします。

 

 

認知機能を向上させ、認知症の予防に寄与します。運動によって放出されるホルモンが脳を活性化し、ストレスや不安を軽減することも確認されています。

 

 

 

アンチエイジングを考える上で、単なる外見だけでなく、内側からのアプローチが重要です。

 

 

筋トレはその中でも手軽で効果的な方法の一つであり、習慣化することで健康な老後を迎える手助けとなるでしょう。

 

 

何よりも、自分の体と向き合い、大切にすることがアンチエイジングの鍵です。

 

 

女性は特にこのアンチエイジングを気にするされるかと思います。

 

 

筋トレをするにも今が一番若い日です!

 

 

早めの行動がアンチエイジングも健康の鍵になりますね♪

カフェインの致死量/女性専用パーソナルジムStudio B/G

こんにちは!

 

女性専用パーソナルジムStudio B/G 代表の桝田です!

 

 

今回はカフェインの致死量について書いていきます。

 

 

カフェインは私たちの日常生活に深く根ざしており、多くの人が目覚めや集中力向上のために摂取しています。

 

 

しかし、過剰な摂取は健康に悪影響を与える可能性があり、致死量に関しても注意が必要です。

 

 

カフェインの致死量は個人差があり、体重や個々の感受性によって異なります。

 

 

通常、成人の場合、1日に摂取しても安全な範囲は約400mgから600mgまでとされています。

 

これは約4〜6杯のコーヒーに相当しますが、コーヒーのカフェイン含有量はコーヒー豆の種類や淹れ方によって変動します。

 

 

 

過剰なカフェイン摂取によって生じる症状は、手の震え、不安、頭痛、不眠症などがあります。これらは通常、一時的で軽度ですが、極端なケースでは重篤な症状が現れることもあります。

 

 

致死量に関しては、通常は非常に高い摂取量が必要です。

 

専門家によれば、一度に摂取するカフェインの量が10グラム以上でなければ、致死量に達することは難しいとされています。

 

しかし、この量は非常に高いため、通常の生活で致死量に達するのは稀です。

 

 

ただし、カフェインには個人差があり、特に心臓疾患や高血圧などの持病がある場合は、通常よりも低い量で症状が現れる可能性があります。そのため、個々の体調や健康状態を考慮して、摂取量を管理することが重要です。

 

 

 


 

カフェインの多い飲み物

 

1. コーヒー:

コーヒーは最も一般的であり、一杯に約95mgのカフェインが含まれています。様々な種類や淹れ方があり、カフェイン好きには欠かせない飲み物です。

 

 

 

2. 紅茶:

紅茶もカフェインが豊富で、一般的な紅茶では一杯に約40-70mgのカフェインが含まれます。ブラックティーやアッサムティーは特にカフェインが多いです。

 

 

 

3. エナジードリンク:

エナジードリンクには一般的に高濃度のカフェインが含まれており、一本に200mg以上のカフェインがあることがあります。ただし、過剰摂取には注意が必要です。

 

 

 

4. コーラ:

炭酸飲料の中でもコーラは一般的にカフェインを含みます。一缶に約30-40mgのカフェインがあります。

 

 

 

5. アイスティー:

アイスティーも一般的な紅茶と同様にカフェインを含みます。フレーバーによってはカフェインの含有量が変わります。

 

 

6. 抹茶:

日本の抹茶にもカフェインが含まれています。一杯に約30-50mgのカフェインがあり、その独特の風味が楽しめます。

 

 

 

7. カフェラテ:

コーヒーにミルクを加えたカフェラテも広く愛されています。カフェインはコーヒーの量に依存しますが、一般的にはコーヒーよりも少ないです。

 

 

 

8. カプチーノ:

カプチーノもエスプレッソをベースにした飲み物で、コーヒーのカフェインを楽しみたい人におすすめです。

 

 

 

9. マウンテンデュー:

マウンテンデューは柑橘系の風味があり、一缶に約54mgのカフェインが含まれています。

 

 

 

10. カフェアメリカーノ:

カフェアメリカーノはエスプレッソにお湯を加えたもので、一杯にはコーヒーよりもやや少ないカフェインが含まれます。

 

 

 

これらの飲み物は一般的な目安であり、製品やブランドによってカフェインの含有量が変わることがあります。摂取する際には個々の体調や感受性を考慮し、適切な量を把握することが重要です。

 

 

また、カフェインは飲み物以外にもカフェインの錠剤もあります。

 

錠剤タイプですと基本的に1粒200mgのカフェインが含まれ、とても多くなるため1日1粒までにするなどの目安があるといいです。

 

 

総じて言えることは、カフェインは適切な量で摂取すれば安全であり、適度な範囲内であれば多くの人にとって利益をもたらすことができるということです。

 

 

しかし、常識的な摂取量を超えないよう注意し、健康への影響を考慮して利用することが大切です。

通い放題会員様残り”3名様”

【通い放題会員人数制限】

 

Studio B/Gでは定額制のコースが一番人気となります♪

通い放題コースでは皆様がご予約いただけるよう常時4回までご予約がいただけます。

 

また、通い放題にすることで枠が抑えられなくなる可能性から会員様の人数制限をさせてただいております^^

 

現在 残り5枠 となります!

 

 

 

通い放題プランは3つのプランがございます♪

 

 

・ショートプラン(32,800円 税込)

30分のパーソナルトレーニングが通い放題

1日当たり、1,093円

 

 

・スタンダードプラン(55,000円 税込)

60分のパーソナルトレーニングが通い放題

1日当たり、1,833円

 

 

・プレミアムプラン(65,000円 税込)

60分のパーソナルトレーニングが通い放題+LINE食事サポート(通常1月 15,000円)

1日当たり、2,166円

 

 

12月になりイベントに向けてお問い合わせが増えてきております。

 

 

通い放題プランは残り3名様となっておりますので、お早めのお問い合わせお待ちしております!

BCAAとEAAの違いとは?

アミノ酸は、生物の体内でタンパク質を構築する基本的な構成要素です。

 

これは、有機化合物で、アミノ基とカルボキシル基を含む分子構造を有しています。アミノ酸は20種類あり、そのうち人体で合成できるのは11種類で、これを非必須アミノ酸と呼びます。残りの9種類は必須アミノ酸で、食物から摂取する必要があります。

 

トレーニング中によく皆さんが飲んでいるドリンクは水以外で、主にBCAAかEAAになる思います。
今回はその2つの違いについて解説していきます。

 

 

BCAA(分岐鎖アミノ酸)とEAA(必須アミノ酸)の違いを理解するには、まずこれらが体内で果たす役割に焦点を当てる必要があります。

 

 

 


・BCAA

 

BCAAはバリン、ロイシン、イソロイシンの3つのアミノ酸から成り立っています。

 

これらは体内で生成できない必須アミノ酸であり、主に筋肉タンパク質の構築と修復において重要な役割を果たします。また、エネルギー源として利用され、長時間の運動や高強度のトレーニング中に特に効果的です。

 

BCAAのサプリメントは、筋肉の損傷を最小限に抑え、トレーニングの効果を最大化するために利用されています。

 

 

 


・EAA

 

EAAにはBCAAを含む以下の9つのアミノ酸が含まれています:

 

1. ヒスチジン (Histidine)
2. イソロイシン (Isoleucine)
3. ロイシン (Leucine)
4. リジン (Lysine)
5. メチオニン (Methionine)
6. フェニルアラニン (Phenylalanine)
7. トレオニン (Threonine)
8. トリプトファン (Tryptophan)
9. バリン (Valine)

 

これらのアミノ酸は、体内で合成できないため、食事やサプリメントから摂取する必要があります。 EAAは、体の様々な生体機能において重要な役割を果たし、特にタンパク質の構築や代謝プロセスにおいて必要不可欠です。

 

EAAは、体全体のタンパク質合成に関与し、成長、免疫機能、ホルモン分泌など、様々な生体機能に寄与します。

 

 

 


 

 

 

BCAAとEAAの主な違いは、アミノ酸の範囲だけでなく、利用される状況にもあります。BCAAは特に運動時に注目され、筋肉のエネルギー源として活用される傾向があります。

 

一方、EAAは広範であり、体全体のアミノ酸バランスをサポートし、生体機能全体に寄与します。

 

トレーニング中や筋肉の修復を必要とする状況では、BCAAが特に有益ですが、総合的な栄養や生体機能の改善を目指す場合にはEAAがより包括的なサポートを提供します。

 

 

個々のニーズや目標に応じて、これらのアミノ酸を組み合わせて摂取することが重要ですね。